業務プロセス劇的改善!自営業向け便利サービスランキング

起業は都心にデメリット?地方の恩恵 地方補助の正体とは

起業は都心にデメリット?地方の恩恵 地方補助の正体とは

 

 

都心に自社を持つ、起業するからには憧れもありますよね。
しかし、基盤作りとして考えてみるとどうでしょう?

 

・地方補助を受ける事は悪い事ではない
・交通面でも地方は、遅延が無い
・Uターン組を地方で雇用する

 

▽地方補助を受けてからでも遅くはない!

 

都心部に起業する場合と、地方に起業する場合、開業資金では差が生まれます。
当然、地方の方が初期費用、経費が少なく済みます。

 

起業をするという夢を都心で叶えたい。そんな気持ちも理解出来ます。
しかし、資金繰りに奮闘し、借り入れ等が多いスタートは不安要素がありませんか?

 

それに比べ、地方では自治体のサポートが手厚い地方が多いのです。

 

自治体からすれば、自分の県が活性化する、雇用の安定が期待出来るといった利点があるので前向きなサポートが多いのです。

 

例として、数点挙げてみますと、転入奨励金を30万ほど進呈する自治体、毎月20万円の移住支援金を2年間支給(返済無し)といった、手厚い補助制度があるところもあります。

 

起業するにあたっての補助制度としては、経営サポートとして雇用調整助成金(厚生労働省に応募する必要あり)雇用に関する助成金として、キャリアアップ助成金の支援等、各自治体によって変動はありますが起業する上で、とても建設的なサポートではないでしょうか。

 

▽地方だからこそ、従業員の遅刻が少ない

 

都心部の主な交通手段は、電車、バスといった公共交通機関ですよね。

 

つまり、同じ方面から出社する従業員が一斉に遅延してしまうという点も起業したての少ない従業員を抱える経営者は、仕事の遅れ、相手先へのレスポンスの遅れなど良い点はありません。

 

それに比べ、地方での個人あたりの自動車保有率は都心とは比べものになりません。
円滑に業務を行えるのではないでしょうか。

 

▽Uターン組を雇用出来る!

 

都心で働いていたものの地元へ帰って親の面倒を見る、都心の生活に疲れた等、スキルはあるのに雇用先を探している人が地方にはたくさんいます。

 

人口と求人の割合が極端に少ない地方だからこそ、自治体も起業者にサポートをするのですね。

 

個人的な見解ですが、地方で基盤作りをしっかりと作り、業績の向上と共に都心にも店舗を構えるという選択肢もあると思います。

 

起業するからには、失敗をしたくないのは当然ですよね。どうしても都心が良い、移住はちょっと…というこだわりがなければ、地方のサポート体制にも目を向けてみてはいかがでしょう。

トップへ戻る